書籍一覧

NEW

症例実解漢方薬学 第2版

漢方の基礎を概説した上で、疾患への対応を実例を挙げて解説した実践的なテキスト。

共著:東邦大学教授 小池一男
   元徳島文理大学教授 庄子昇
   東邦大学薬剤師生涯学習講座講師 漢方薬剤師 塚田健一

定価:本体価格6800円( +税 )

ISBNコード:978-4-906992-93-5

発行日:2017/03/19発行

植物療法学

薬学から発信する植物療法学のScientificなテキスト。

編著:東邦大学薬学部教授 小池一男

定価:本体価格4400円( +税 )

ISBNコード:978-4-906992-75-1

発行日:2016/03/01発行

病態からみた漢方薬物ガイドライン 第3版 —処方構成・適正使用・科学的根拠の解説まで—

医療現場で必要とされる漢方生薬の特性や、治療指針・適正使用についても解析した書籍。

著:福山大学薬学部教授 岡村信幸

定価:本体価格4000円( +税 )

ISBNコード:978-4-906992-67-6

発行日:2016/03/01発行

—困り果ててる普通の薬剤師さんに向けた— エビデンス・ベース 漢方薬活用ガイド

漢方薬の使い方が難しいと悩んでいた薬剤師さんに向けて、漢方用語を使わずに、エビデンスや症例報告を基に、漢方薬の使い分けをすることを目指した新機軸ガイドブック。【机上版(B5判)+ポケット版:2冊セット】

監修:京都大学医学部附属病院教授・薬剤部長 松原和夫
編著:京都大学大学院薬学研究科准教授 伊藤美千穂

定価:本体価格4800円( +税 )

ISBNコード:978-4-906992-65-2

発行日:2015/11/01発行

大麻 —光と闇—

近年取り上げられることの多い薬物、その代表格である「大麻」について社会との係わりを含め、科学的な側面からメリット・デメリットを解説した専門書的読み物。

著:山本郁男

定価:本体価格5800円( +税 )

ISBNコード:978-4-901789-98-1

発行日:2012/10/01発行

大系 薬用植物資源学

植物の分類上の位置を明確に示し、さらに植物成分に基づいた医薬品開発を指向した、薬用植物学の最新版。

編著:岡山大学大学院医歯薬学総合研究科教授 波多野力
共著:横浜薬科大学教授 寺林進
   立命館大学薬学部教授 池谷幸信

定価:本体価格6000円( +税 )

ISBNコード:978-4-901789-80-6

発行日:2011/10/01発行

総天然色 世界の漢方生薬画譜 —漢方生薬の一生を追って—

オールカラーA4判、本文特漉用紙、美装函入り

編集:近畿大学薬学部教授 松田秀秋

定価:本体価格23000円( +税 )

ISBNコード:978-4-901789-74-5

発行日:2011/08/01発行

グラフィック解析 漢方方剤学体系 —医療現場での適正使用を目指して—

本邦初!グラフ・数値を多用したEvidevceを活用し、漢方方剤を化学的に解説した書。

編著:徳島文理大学薬学部教授 岡野善郎
   久留米大学医学部附属病院薬剤部 永田郁夫

定価:本体価格6000円( +税 )

ISBNコード:978-4-901789-52-3

発行日:2011/04/01発行

生薬学へのいざない −生薬学は今日の医療にどう役立つのか−

現代医療の現場で求められる生薬の知識をコンパクトにまとめた書。半年間の講義に最適。読み物としても楽しめる。

編著:京都大学大学院薬学研究科准教授 伊藤美千穂

定価:本体価格3800円( +税 )

ISBNコード:978-4-901789-27-1

発行日:2009/04/01発行

大観 漢方生薬学 −生薬のパノラマ的解析から漢方医療の実際面への応用へ−

薬剤師が医療の現場で必要な漢方薬の知識をまとめた書籍。薬学部・医学部の教科書としてだけではなく、生薬・漢方関係の様々な分野で活躍されている方々のガイドブックとしても最適。

編集:京都薬科大学教授 吉川雅之
    近畿大学薬学部教授 松田秀秋

定価:本体価格6000円( +税 )

ISBNコード:978-4-901789-26-4

発行日:2009/04/01発行

ビスターリ ヒマラヤ -その自然と文化を探る-

ヒマラヤに魅了された多彩な分野の研究者が、ヒマラヤに係る様々な事象をオムニバスに語る。

編著:金沢大学名誉教授 御影雅幸

定価:本体価格2800円( +税 )

ISBNコード:978-4-901789-11-0

発行日:2009/02/01発行