書籍のご紹介

NEW

分子病態薬理学Ⅲ ―がん化学療法とがん性疼痛治療―

がんとは何か、化学療法および疼痛治療の現状と全容はどうなっているのか、を理論と症例で示す。薬理学・病態薬物治療学の概念を凌駕した、新世代がん薬物療法テキスト。

内容紹介

がん分子病態と症例を用いた薬物治療手続きを、癌腫ごとにまとめた教科書。最新の科学的がん病態の検証から、免疫チェックポイント治療に至るまで、最新のがん医療現場での治療指針までを網羅し、初期がん治療から末期がん治療、そして終末期に至るまで、病態の進行や時系列を追いながら治療法を学ぶことができる。

書籍名 分子病態薬理学Ⅲ ―がん化学療法とがん性疼痛治療―
著者 編著:星薬科大学教授 成田年
判型 B5
ページ数 326
本体価格 9,500円(税別)
ISBN コード 978-4-909197-16-0
発行日 2017年09月21日
▼ この書籍に関するお問い合せ ▼