書籍のご紹介

NEW

臨床放射薬学 ―薬学領域における放射化学の理論と実践―

薬学における放射の基本理論にとどまらず、数多くのカラー臨床画像を収載し、実際に放射化学が薬学の現場でいかに活用されているのかを臨場感を持って示す。

内容紹介

放射線がもつ「有益性」と「危険性」を正しく理解し、科学的な視点から啓発していくこと、医療における「放射線」の貢献を、実臨床例を踏まえながら紹介すること、可能な限り最新の情報を記載し、図表や化合物の構造式を多く取り入れること等に留意したテキスト。

書籍名 臨床放射薬学 ―薬学領域における放射化学の理論と実践―
著者 編著:京都薬科大学准教授 河嶋秀和
   京都薬科大学准教授 木村寛之
判型 B5
ページ数 303
本体価格 7,500円(税別)
ISBN コード 978-4-909197-15-3
発行日 2017年09月07日
▼ この書籍に関するお問い合せ ▼