書籍のご紹介

NEW

理論医薬品情報学

なぜ医薬品情報が必要なのか。薬理・動態等の科学的見地から必要とされる情報を見出し、統計的に正しく判断し、処方設計・提案にいかに活かすかを示す次世代テキスト。

内容紹介

医薬品情報を体系的に解説し、適切に活用するための理論的な医薬品情報学の書籍。医薬品添付文書をはじめとする基本的な医薬品情報を提示して解説するとともに、薬物療法上の問題を解決できる
方法論を習得できる。

書籍名 理論医薬品情報学
著者 編著:東京薬科大学薬学部教授 山田安彦
著:東京薬科大学薬学部准教授 高柳理早
判型 B5
ページ数 368
本体価格 6,800円(税別)
ISBN コード 978-4-909197-10-8
発行日 2017年08月21日
▼ この書籍に関するお問い合せ ▼