書籍のご紹介

NEW

新発想 製剤学 第2版 -剤形,その理論,そして臨床へ-

「まず剤形・DDSを知り、そして基礎理論を学ぶ」という“新発想”のスタイルで、製剤学を掘り下げていく書籍。

内容紹介

製剤学が薬剤師にとって必要な科学であることを提示したテキスト。まず剤形、製剤機能の応用を学んだ後、その根底となる理論を解説。その後、臨床応用についても言及した。

書籍名 新発想 製剤学 第2版 -剤形,その理論,そして臨床へ-
著者 著:北海道薬科大学教授 丁野純男
判型 B5
ページ数 330
本体価格 9,800円(税別)
ISBN コード 978-4-906992-97-3
発行日 2017年03月13日
▼ この書籍に関するお問い合せ ▼