書籍のご紹介

—困り果ててる普通の薬剤師さんに向けた— エビデンス・ベース 漢方薬活用ガイド

漢方薬の使い方が難しいと悩んでいた薬剤師さんに向けて、漢方用語を使わずに、エビデンスや症例報告を基に、漢方薬の使い分けをすることを目指した新機軸ガイドブック。【机上版(B5判)+ポケット版:2冊セット】

内容紹介

漢方色を極力出さない、普通の薬学教育を受けた薬剤師さん達が理解しやすい、エビデンス・ベース、サイエンス・ベースの書籍。少しでも漢方薬の考え方に近づけるように、病棟で使う普通の言葉で、漢方薬の効果・効能と、その背景にあるエビデンスを確認・理解・説明できるように、漢方薬を身近に感じて、臨床現場でも活用できるきっかけとなる書籍を目指しました。

書籍名 —困り果ててる普通の薬剤師さんに向けた— エビデンス・ベース 漢方薬活用ガイド
著者 監修:京都大学医学部附属病院教授・薬剤部長 松原和夫
編著:京都大学大学院薬学研究科准教授 伊藤美千穂
判型 B5
ページ数 机上版(B5判)290頁+ポケット版72頁
本体価格 4,800円(税別)
ISBN コード 978-4-906992-65-2
発行日 2015年11月01日
▼ この書籍に関するお問い合せ ▼