書籍のご紹介

分子病態薬理学 I —薬理学, まず脳そして神経系から…—

薬理学の基礎となる神経系につき、繊細なカラーイラストを活用し、薬物治療にまで踏み込んで詳解したハイエンド薬理学テキスト。成田薬理学4部作、第2弾。

内容紹介

薬学における中枢薬理学領域の講義資料となるよう、病態の把握に重点を置き、わかりやすいイラストを織り交ぜ、病態生理と薬理学的な視点を融合した専門書的教科書。豆知識となる興味深いコラムも多数掲載している。

書籍名 分子病態薬理学 I —薬理学, まず脳そして神経系から…—
著者 編著:星薬科大学教授 成田年
判型 B5
ページ数 230
本体価格 8,800円(税別)
ISBN コード 978-4-906992-41-6
発行日 2014年07月01日
▼ この書籍に関するお問い合せ ▼