書籍のご紹介

院内製剤学 THEORY&PRACTICE

現場で活用できる究極のテーラーメイド薬学である、院内製剤の理論と症例を解説した、国内初の学部生向けテキスト。現場の薬剤師にも活用できる内容となっている。

内容紹介

本書では、がん化学療法の副作用や緩和医療に用いられ、エビデンスの確立した院内製剤より12種を選び、その院内製剤調製の端緒、その調整方法、製剤設計の根拠となる物性評価、臨床応用結果を記載した。

書籍名 院内製剤学 THEORY&PRACTICE
著者 編著:東京理科大学薬学部教授 花輪剛久
判型 B5
ページ数 128
本体価格 3,800円(税別)
ISBN コード 978-4-906992-32-4
発行日 2014年03月01日
▼ この書籍に関するお問い合せ ▼