書籍のご紹介

病態臨床検査 —基礎, 疾患別理解から実践症例へ—

疾患による体の変化、そして検査値の変化がなぜ起きるのか、そのメカニズムに注目して記された、病態的見地から思考する臨床検査テキスト。

内容紹介

本書は、臨床検査値は「疾患による身体の変化のどのようなことを捉えているのか」、「どのようなメカニズムで検査値の異常が起こるのか」等を、病態学や生理学、生化学などで学ぶ内容とも関連させるように構成し、一般の臨床検査の解説書とは異なる新たな教科書を目指した。

書籍名 病態臨床検査 —基礎, 疾患別理解から実践症例へ—
著者 著:帝京大学薬学部准教授 大藏直樹
判型 B5
ページ数 218
本体価格 4,800円(税別)
ISBN コード 978-4-906992-26-3
発行日 2013年10月01日
▼ この書籍に関するお問い合せ ▼