書籍のご紹介

分子病態薬理学 II —痛みの病態と治療, そして緩和医療—

痛みの病態とその治療を、メカニズムにまで踏み込んで詳解した。また、その後の緩和医療も解説し、薬理学の範疇を大きく超えて、その先のヒトに対する繊細な意識まで感じられる構成となっている。

内容紹介

痛みのメカニズムの基本、局所麻酔薬、全身麻酔薬、非ステロイド性抗炎症薬ならびに麻薬性沈痛薬の基礎等に重点を置き、臨床に即した情報を提供すべく構成した専門書的教科書。

書籍名 分子病態薬理学 II —痛みの病態と治療, そして緩和医療—

著者 編著:星薬科大学教授 成田年
判型 B5
ページ数 230
本体価格 8,800円(税別)
ISBN コード 978-4-906992-25-6
発行日 2013年10月01日
▼ この書籍に関するお問い合せ ▼