書籍のご紹介

医薬看クロスオーバー演習 —チーム医療の現状と問題点、そしてその未来—

医療者が悩みながら、患者とその家族と関わっていく様子を記す感動のシナリオ(看取り・認知症)を中心とする新形態テキスト。医療とは如何にあるべきかを問う書籍。

内容紹介

医学部、薬学部、看護学部等において、多職種連携チーム医療、在宅医療、終末期医療、高齢者医療等をテーマに議論することを目的として企画された書籍。学部を越えて共に学ぶ機会の少ない医療系学生に、様々な職種の目線から、カルテや処方箋等のリソースを見比べ、在宅医療のシナリオを通じて、医療現場を疑似体験してもらうユニークな教科書。

書籍名 医薬看クロスオーバー演習 —チーム医療の現状と問題点、そしてその未来—
著者 編著:名古屋大学大学院医学系研究科准教授 安井浩樹
判型 B5
ページ数 239
本体価格 4,000円(税別)
ISBN コード 978-4-906992-07-2
発行日 2013年03月01日
▼ この書籍に関するお問い合せ ▼