書籍のご紹介

リアリスティック薬学複合問題

薬学6年制完成を前に、学部生が取り組める複合問題の在り方を問う。精選された複合問題を解きながら、薬学の進むべき道を考えて欲しい。

内容紹介

患者の症例や処方せんを提示し、これを基に薬物治療を有効かつ安全に行う上で、必要な基礎薬学、専門薬学の知識を複合的に考える能力を、身に付けることを目的とした書籍。薬剤師が個々の患者の薬物治療を遂行する際に、必要な知識をいかに統合して頭に思い浮かべるか、を読者がシミュレーションできるように構成した。

書籍名 リアリスティック薬学複合問題
著者 編著:近畿大学薬学部教授 岩城正宏
   北海道医療大学薬学部教授 齋藤浩司
   名城大学薬学部教授 灘井雅行
判型 B5
ページ数 208
本体価格 4,000円(税別)
ISBN コード 978-4-901789-68-4
発行日 2011年03月01日
▼ この書籍に関するお問い合せ ▼