書籍のご紹介

“パザパ”薬学演習シリーズ(6)薬物速度論演習

薬剤師に必要とされる「薬物血中濃度の時間的変化を推定する科学的な知識=薬物速度論」を理解して身につけるための演習書。

内容紹介

本書では、まず自らグラフを書き理解することで薬物速度論に慣れ親しみ、従来の薬剤師国家試験と同等レベルの問題と演習問題を繰り返し解くことで薬物速度論をより深く理解し、さらに臨床現場での薬物投与設計に応用できる力を身につけることを目的としています。

書籍名 “パザパ”薬学演習シリーズ(6)薬物速度論演習
著者 編著:名城大学教授 灘井雅行
    高崎健康福祉大学教授 荻原琢男
    金城学院大学教授 林弥生
判型 B6
ページ数 235
本体価格 2,800円(税別)
ISBN コード 978-4-901789-55-4
発行日 2010年03月01日
▼ この書籍に関するお問い合せ ▼