書籍のご紹介

大観 漢方生薬学 −生薬のパノラマ的解析から漢方医療の実際面への応用へ−

薬剤師が医療の現場で必要な漢方薬の知識をまとめた書籍。薬学部・医学部の教科書としてだけではなく、生薬・漢方関係の様々な分野で活躍されている方々のガイドブックとしても最適。

内容紹介

漢方・生薬を、その対象となる臓器・疾患別に記載。従来の書籍とは異なる、どこに効くのか、何に効くのかという新しく的確な観点から、約100種の生薬を分類・解説しています。美しく貴重な生薬のカラー写真も多数掲載。

書籍名 大観 漢方生薬学 −生薬のパノラマ的解析から漢方医療の実際面への応用へ−
著者 編集:京都薬科大学教授 吉川雅之
    近畿大学薬学部教授 松田秀秋
判型 B5
ページ数 246
本体価格 6,000円(税別)
ISBN コード 978-4-901789-26-4
発行日 2009年04月01日
▼ この書籍に関するお問い合せ ▼